インタビュー[R.Sさん]

R.Sさん
2019年入社
ビジネス・システム部

Q1.入社を決めた理由を教えて下さい。

理由はいろいろありますが、一番の決め手は「代表取締役(社長)」です。
入社前から、感謝してもしきれないぐらい手厚くフォローしてくださったことが、弊社に入社しようと思った一番の理由です。
私は入社前に、夏のインターンシップに参加し、その後のクリスマスパーティーにも参加しました。
そのときに、社長が話したことや社員との会話から、本当に会社とそこで働く人のことを大切に思っている方なのだと感じたことを覚えています。
どんなに有名で大きな企業に就職するよりも、ここでこの人の下で仕事がしたいと思い、入社を決意しました。

Q2.現在の仕事内容を教えて下さい。

食材を判定するAIの技術検証開発に携わっています。
業務内容としては、AIに教えるための食材画像を揃えたり、判定するためのPythonのソースコードを書いたり、実行するためにWebアプリケーションを作成したり、通常のソフトウェア開発よりも多岐に渡ります。
AIというと難しいイメージを持つ方は多いと思いますが、私もそのひとりです。
実際にはPythonのライブラリを活用すればモデル作成は簡単にできますが、各関数がどんな処理をしているのかを理解するためにはまだまだ勉強が足りていないことを実感しています。
最初はわからないことばかりで戸惑いましたが、今ではわからないことこそ積極的に取り組めるように、日々努力を重ねています。

Q3.当社の魅力を教えて下さい。

社内の風通しがいいことです。
上司と話す機会が多く設けられていることも良く、社長が気さくに話しかけてくださることも魅力といえます。
疑問点は訊けばすぐ解決策を教えてくれることや、不安を感じることがあったら相談すれば協力してくれる方が多くいて、他社と比べても、話を聞いてくれる人が揃っていると感じます。

Q4.仕事上の問題点をどのように克服してきましたか?

問題点はコミュニケーションをとることで、それはとにかく話すことで克服しました。
私の常駐先は、自社の上司がいない部署で、右も左もわからないまま、他社の先輩方の中に入ることになり、最初はとても不安でした。
しかしながら、近くの部署にいる自社の上司が、毎週顔を合わせる機会を設けてくれて、そこでアドバイスを受け、現場で打ち解けることができるようになりました。

Q5.今後の目標を教えて下さい。

マルチに活躍できる人材になることが目標です。
具体的には、例えばAIで何かアプリを提供したいとなったときに、ソフトウェア開発やインフラ構築等の必要なことを考えて実行できるようになることです。
私は現在AI関連の仕事に携わっていますが、社内での配属はアプリチーム、常駐先はインフラの部署です。
一見バラバラでまとまりが無いですが、やりたいことがあれば気軽に尋ねることができる環境にあります。
この環境を有効活用し、いろいろな知識や考え方を身につけていけるように、今後の仕事に取り組んでいきます。