2019
新卒採用

ビジョン

わたしたちはたくさんのあたりまえの毎日を支えながらもっと未来をつくっていきます

技術を「作る・つなげる・操る・広める」のキーワードでとらえ、製品・サービスに変化させ、それらの社会価値を高め続ける。それがわれわれの事業ビジョンです。

理工学部 情報システムデザイン学科 2012年卒 N.S.さん

現在の仕事内容

WEBアプリケーションの保守開発業務に携わっています。主に画面や帳票等の改修案件のプログラミングとテストを担当しています。

当社の魅力

弊社には相談を親身に聞いてくださる先輩社員が数多くいます。気兼ねなく、悩みを打ち明け、なりたい人物像を目指せる環境が整っています。成長過程の企業でもあり、大小関わらず自分が携わる全ての業務が、会社の成長につながっていると実感できることが一番のやりがいです。

学生の皆さんへのアドバイス

今、技術面について悩む必要はありません。それよりも、コミュニケーション関連の書籍を一読しておくことをお奨めします。IT業界に限らず、どこでも重要視されるスキルです。就活中は、壁にぶつかることも多いかと思いますが、最後まであきらめず、就職活動をやり抜いてください。(コミュニケーションスキルを身に付ける良い機会でもあります)

情報学部 情報工学科 2016年卒 Y.A.さん

現在の仕事内容

ホテルシステムに関する基幹システムで使用するアプリケーションの保守作業をしています。保守作業はシステムで発生した異常を調査し、修正することが目的になります。

当社の魅力

相談できる環境が整っていることです。同じ現場の方はもちろんですが、役員の方も親身になって相談に乗ってくれます。また、社内でのクリスマスパーティやビアガーデンパーティなどの息抜きの場も設けられており、仕事ばかりで息が詰まることはありません。

学生の皆さんへのアドバイス

分からないことは、はっきり分からないと言えるようになってください。分かっているつもりや、どうにかなるだろうと思って仕事をしていては自分の技術は向上しません。自分から分からないと言えないと相手に理解していると思われ、それ以上のアドバイスや注意をしてくれない場合があります。最初のうちは分からないことだらけだと思いますが、理解するまで何回でも先輩に確認を取るようにしてください。

教育プログラム

当社の新入社員教育

私は専任の人材育成担当として、新入社員教育全般をサポートしています。 当社の新入社員教育は、3つのパートで成り立っています。 「入社前教育」では、社会人への不安を和らげる目的で12月~3月に実施しており、タイピング練習や実力確認をメインにした簡単な課題を行なってもらいます。月に1回程度来社していただき、課題の状況を確認しています。 「入社後研修」は、4~6月の3ヶ月間実施しており、ビジネスマナー、技術教育、最後に開発演習を行います。この研修により、配属後の業務をスムーズに行なえるようになることが目的です。 「OJT教育」は、7月から翌年3月まで実施しています。 OJT教育開始に先立ち、育成計画を一人ひとりに合わせて作成し、配属後はその育成計画を元に育成・指導しています。実際のOJTは、配属先の上司が行ないますが、当方でも、月に1回の状況確認の打ち合わせを実施し、指導方法に問題がないかのチェックを行ないます。

新入社員教育にあたって

新入社員にとって「社会人」への不安は当然あると思います。 そのため、入社前教育では月に1回来社いただくことで、「スーツを着る」「通勤する」「会社に来る」「年上の人と話す」など、心構え以前に社会人としてあたりまえのことに慣れてもらう事を考えています。 入社後の研修では、技術的な内容だけでなく、報告・連絡・相談、発表などの機会を多く設定しています。これは、技術力があっても配属後にコミュニケーション力不足により、その力を十分に発揮できないことがあるためです。 また、育った環境や学生時代に学んできたことも各自違いますので、それぞれの個性・強みを活かし、相互に協力・補完して、相乗効果的に学びが深まるように努めています。

新人に求めるもの

「素直さ」です。「やる気」も大切ですが、学ぶ姿勢の前提となる「素直さ」を持った方をお待ちしています。

キャリアパスの明確化

当社の給与額は年功序列方式だけで決定はしません。 キャリア別の目指す姿が明文化されており、若くても高く評価された場合は、昇給・昇格に繋がります。入社当初はスタート職から始まり、個人の能力・努力で上昇していきます。当社は、社員の技術習得のため、研修や通信教育など支援制度を設けております。 社員は支援制度を受けながら、自己啓発を行い、職業人としてのキャリアデザインをすることが 可能です。